• 日本家庭相談士会認定
  • お申込み・相談までの流れ
  • 新規相談予約フォーム
  • 継続相談予約フォーム
  • お問合せフォーム
  • 週刊女性
  • 電話相談・仙台離婚相談
  • 出張相談・面会交流援助
  • 生活保護
  • 離婚カウンセリング
  • 運営者情報
  • 日本家庭相談士会
料金表
・予約はどうすればいいですか?
時間帯別の完全予約制となりますので必ず事前予約が必要です、ご予約は新規相談予約フォーム継続予約フォームからとなります、ご自宅にインターネットがない方はスマートフォンからもお申込み頂けます。メールアドレスがない方はgoogleのフリーメールGmailなどを登録してからお申込み下さい。インターネットがない方は電話でもお受けいたしますが、申込みフォームの内容が正式な申込書になるのでネット予約が早く予約できます。

・スマートフォンやパソコンがないのですが、どうすればいいですか?
ガラケー等からメールでのお申込みをすることができます。
以下の内容をご入力の上、送信してください。
1.相談内様 2.お名前と(ふりがな) 3.年齢 4.相談コース(初回50分無料相談・ 通常相談・相談パック・相談解決パック)※いずれかを入力 5.相談時間(※初回の方は50分で終わらないケースが殆どです110分をおススメ致します。※初回の方は現在に至る経緯聴取・今後の対策等含め平均2時間です。※初回50分無料+通常相談の場合は相談時間(80分~220分)を入力してください。)6.相談希望日 7.相談内様(簡単で結構です)8.お支払い方法(当日現金もしくお振込み)9.領収証の有無
上記9点をご入力し「info@tdir.jp」へ送信して下さい。
※注意 PCからのメールを受信するに設定しないと迷惑メールと誤解し、こちらからのご返信が届きませんのでご注意ください。


・電話での予約はできますか?
電話でも可能ですが、お客様に代わり申込みフォーム入力・送信(データ打ち込み処理)が発生しますので予約処理まで最大3日かかります。(電話予約の場合は受付2日後に予約エントリーとなりますので3日間、他のお客様の予約が先に入るため順番が後退します。インターネットのお申込みより平均7日ほど遅れます。※週末の受付の場合で翌週に祝日が入る場合は2週間後となる場合もあります。)

・土日祝祭日の相談(電話相談含む)はできますか?
事前予約を頂ければ土曜日、日曜日も相談可能(午前10:00~12:00(12:00~13:00まで休憩)午後1:00~18:00)相談実務(面談)は全て第二事務所相談室となります。
※相談室の予約状況確認の関係上、土日のメール返信が月曜日になる場合がございます。

第二事務所相談室の利用の場合、相談室料30分770円~(部屋により異なります)、休日相談料3割増し、事前お振込み、相談日より起算し7日前となります。祝祭日は基本的に定休日となりますので営業致しておりませんが、臨時休業等がある月は営業する場合もありますのでインフォメーションにてご確認下さい。)※来所者の人数により部屋の大きさ(料金)が異なります。


土日の電話相談:休日割増(3割)のみ加算。相談パックからの消化の方は相談時間30分に対し(休日消化15分)、残時間がない場合は通常電話相談での継続もしくは相談パックの継続が必要です。


・17:00以降(時間外)の相談は可能ですか?
面談相談は18:00まで可能です(延長のみ)、17:00~18:00までの時間外延長料1,200円が別途かかります。
電話相談は終了21:00となります。通常電話相談の時間外料金は初期50分1,200円、延長10分ごと350円、各相談パックの場合で17:00以降は30分につき10分相殺(消化)となります。 ※各税別


・初回無料相談はどういう内容ですか?
※初回に限り面談・電話相談が50分無料となります。
※電話相談の基本的な流れは電話相談と同じ流れとなります。電話相談のページをご覧ください。
※もしも、当日、お電話をするのを忘れてしまった、または3日前までにキャンセルせず、面談場所に行けなかったという場合は完全予約制という性質上、キャンセルではなく消化となり次回はご利用頂けませんのでご注意ください。
※相談時間が余っても残時間としてストックすることは出来ません、初回限定となります。
※相談時間を過ぎてのご相談は担当相談員にご相談ください、スケジュール上、その後の相談が可能な場合はお受けできます。その際は、各通常料金となります。電話相談の場合はお支払いは後日払い(一週間以内)、面談時は当日となります。
※面談相談の場合は平日限定(火水木金)となります。(電話相談の場合は土日も可能、有料相談で土日も可能)
※電話相談で土日の場合は休日割り増し等の料金はかかりませんが相談時間が40分となります。
※仙台カウンセリングセンターのお試し相談室をご利用の方は併用することは出来ません。
【ストック制度】
初めから通常相談でお申込みされたお客様は初回無料50分をストックすることが出来ます。(最初から50分無料相談の場合は初期ヒアリングは行わずに回答する為、全ての経緯を加味したアドバイスが出来ません、内容によってはアドバイス内容や手順が異なる為、初期ヒアリングは非常に重要です、手順が異なるために慰謝料に関わる事柄や取り決めに影響する可能性もあります、離婚問題の場合では3年~5年後に離婚を考えており、まだ相手方と離婚問題の話合をしていないなどの場合は有効ですが既に離婚の話をしている、取り決め内容がまとまらないなど紛争(決裂して調停)の手前になっている方は初回50分無料相談をしている時間(余裕)はありません、危機感を持ちしっかりと相談することをおススメ致します。※この様な状況の方で無料相談でちょっと聞いてみようという方はほとんどいらっしゃいません、真剣に現在の状況をご自身が把握する必要があります。 ※9割ほどの方が初期に使用せずにストックしています。
・解決パックで申し込んで相手方が話し合いに応じない場合は?
各解決パックでお申込み頂き、相手方が応じない場合は相手方に対しての今後の対応や注意点の解説、及び相手方へ通達する書面のアドバイスなど今後の具体的な対策となります。※相手方が応じないので何もせず諦めるということはありません、常に次の対策があります。

・相談時間の何分前に行けばいいですか?
基本的には定刻から10分前程度ですが、どんなに早くても許容15分となります、早すぎる来所(15分より前)はご遠慮下さい。完全予約制プライバシー保護で運営しておりますのでお客様同士の接見を回避するように努めております。
第二事務所相談室の場合は待機場所がないため、基本的に定刻(ご予約時間丁度)でお願い致します。
※公共交通期間を利用され小さなお子様がいらっ しゃる場合は夏場・冬場などは待機するのが困難ですので事前にお申し出ください、その場合は極力、早めに入室できるように配慮致します。

・相手方を説得してもらえますか?
問題に関して相手方の説得や要望を納得させるための弁護行為はできません。あくまでも中立の立場で互いの言い分をお伺いし選択した先の将来的な問題について豊富な経験上からアドバイス致します。


・相手方への面会交流援助連絡調整に関してこちらの意思(要望)を伝えてもらえますか?
面会交流に関しても相手方を説得させる行為はできませんが面会交流の必要性や子の福祉に関し相手方へ伝えることはできます。ですので、相手方が面会交流の意思があり、仲介援助者が必要であるという意思があり、了承している場合に限り援助に関する連絡をとることができます。また、相手方に当センターの活動と趣旨を説明し面会交流の援助を必要とするかを確認する電話までは可能です。(あくまでも援助の必要性を確認)


・生活保護を受けているのですが、金銭に余裕がありません。後払いでも良いですか?
生活保護を受けている方は相談料が無料となります。医療券と顔写真付きの証明書(免許証等)をFAX(もしくはメールにて添付)して下さい。必須となります。


・子どもを連れて相談にいってもいいですか?
問題ありません、面倒が見れる場合は大丈夫です。(複数人の場合で保護者が面倒を見れない場合(相談の話が出来ない・進まない)は一時保育等に預けてからお願いします。)その他、授乳が必要な場合は申し出てくだされば可能です(相談士が一時退室いたします。)、第一事務所相談室に限り、児童(一人で待つことが出来る年齢)がスタッフのいる前室で遊びながら待つことも可能です。


・相談料はいつ払えばいいですか?
通常相談(面談)は当日、現金にてお支払頂くか相談日の10日前(土日祝日を除く)に銀行振り込みにてお願い致します。
相談・援助の10日前を過ぎた場合で連絡がない場合はキャンセル扱いとなります。もし、お振り込みが遅れる場合はご連絡をお願い致します。


・相談が延長になった場合の料金と支払いはどうなりますか?
ご予約時間を超過しての料金は「30分ごとの料金:30分4,320円(税込み)」と金額になります。1時間超過ならば30分料金×2となります。
お支払いは当日、現金にてお支払頂くか相談日より起算し7日以内に銀行振り込みにてお願い致します。


・相談時間の短縮の為に事前に相談資料を持参しても良いですか?
ご持参頂いても構いませんがご来社される前には必ず、ご連絡と返答の確認をお願い致します。
ケースによっては利用者同士の鉢合せや相談者と相手方等の関係もありますのでご理解頂ければ幸いです。また、事前提出による内容確認をご希望の場合は、以下となります。(相談時間の大幅な短縮になりますのでご利用されることをおすすめ致します。)

【料金】
・Aタイプ(書面2ページ、添付資料2枚)1,500円(税別)
・Bタイプ(書面4ページ、添付資料3枚)3,500円(税別)
・Cタイプ(書面5ページ~10ページ、添付資料7枚)5,500円(税別)

【規定】
※Cタイプを超える枚数の場合は、各1枚(頁)に対し500円(税別)がかかります。
※書式はワードA4サイズ、フォントサイズ12pxを規定とします。
※スキャナーでスキャンしたデータが薄く見えにくい場合はワードファイルに打ち直してください。(画像等で見えない場合は当日ご持参ください)
※データ送信はinfo@tdir.jpまで送信して下さい。

【重要事項】必ずお読みください。
※相談内容の経緯・調停や裁判までの詳細はA4サイズ書類とし、裁判所での調停調書や審判書、写真等、画像データの写しなどは添付資料となります。相談資料が10ページ以上、時には100ページを超える内容や20回程繰り返された調停の内容、調停調書や調査官の調査報告書をご提出される方がおられますが、全文を読み切り面談準備までは時間がかかりますので、10ページを超える場合は最低10日前までにはデータ投入を完了して下さい。
※裁判所の資料等は携帯電話で写真を撮り画像(添付資料)として送ってもよろしいです。
※投入データはプリントアウト(紙に印刷)し当日ご提出下さい。保管用となりますので必ず写しをご用意ください。


・相談希望なのですが当日は可能ですか?
空いている状況であれば可能です。当日に空いていることはほとんどありません、月間200人を超える方が相談に訪れています、一週間前など余裕をもってご予約下さい。


・どの様に相談に乗ってもらえるのかなど業務に関して直接、センターへ行き聞きたいのですが?
基本的にご質問はメールもしくはお電話にてお受けしております。どうしても直接、質問をご希望の方は事前予約が必要です。相談者のプライバシー保護・紛争中の方もいらっしゃる為、問題回避の為にも完全予約制としております。
※同じ職場の方やご近所の方の接見防止でもあります。ご理解ください。


・相談内容を忘れない様に録音したいのですが、可能ですか?
録音はできません、ご遠慮ください。必要な内容はメモにてお願い致します。

・相談に友人・知人を同席させることは可能ですか?
基本的には不可能ですが、相談内容に関し重要な人物である場合や裁判に影響がある場合は可能です。また、ご家族・ご親戚は可能です。


・領収証はもらえますか?
手書きの領収証が必要な方は必ず事前にお申し出ください。お振込明細は公的に有効な領収証となりますので大切に保管して下さい。

・相談状況に関する書類は作成してもらえますか?
各相談やカウンセリング状況の報告書を作成してほしいという方へ有料にて作成致します。
・相談・カウンセリング状況に関する報告書作成 10,800円(税別)、裁判所提出用など離婚や夫婦間の紛争に関し第三者を含む状況提出書類 25,800円(税別)
その他、内容や作成時間、メールや電話の履歴を再確認しての詳しい報告書の場合は時間がかかりますので追加料金がかかる場合もあります。詳しくはお問合せください。
※公的な効力がある書面ではありません。あくまでも相手方との話し合いの経緯を証明する添付書類(裁判所提出用、有効書類)としてご利用下さい。面会交流の紛争などの場合には非常に有効です。裁判官が第三者機関を通しての面会交流状況を正しく把握することが出来ます。

・キャンセル料はかかりますか?
※以下、面談相談・電話相談・通常相談・相談パック全てに適応

【初回無料50分相談キャンセル】
相談日から起算し3日前以降のキャンセルについては消化となります。※次回以降、初回無料50分相談はご利用いただけません。

【通常キャンセル】
相談日の3日前までのキャンセル:キャンセル料はかかりません。
3日以降前日のキャンセル相談料の50%返金
当日のキャンセル:ご返金できません。
※第二事務所の場合は8日前までのキャンセルならキャンセル料はかかりません。8日以降のキャンセルは50%返金、当日はご返金できません。
※各相談パック、当日現金払いの方で当日にキャンセルされた場合は次回予約をキャンセル日から起算して7日以内に再予約される場合は次回に現金払い、それ以降または未定の場合はキャンセル日から起算して7日以内にお振込みにてお支払下さい。

【中途解除】
※各相談パックの残時間がある状態での中途解除の場合は残時間に応じたご返金を致します。(残時間が10分、20分など端数がある場合は10分あたり1,000円(税込)として計算いたします。)
※ご返金方法は残時間を計算の上、お振込によるご返金となります。
※ご返金先の金融機関名・支店名・講座番号・名義を教えて下さい。尚、お振込手数料は一律520円となります。

【面会交流援助(実務)・出張相談】
援助5日前までのキャンセルの場合、交通費は払い戻し可能であれば全額返金、相談・支援料は50%返金、5日以降前日の場合は相談・支援料は20%返金となります。当日のキャンセルは御返金できません。。

【その他】
※第二事務所でのご予約で事前お振込みが必要な相談に関しましては最終振り込み日(8日前)にお振込み頂けない場合は自動消化となります。
※初回無料相談はキャンセル料はかかりませんが消化となります。(延長分に関しましては通常相談と同様となります。)
※返金時のお振込手数料(520円一律)はお客様ご負担となります。

【ペナルティーと注意事項】
※ご予約の日程確定後、担当相談士・相談場所・相談料等、その他の最終確認メールが届きます。キャンセルの場合は必ずキャンセルの旨をご返信ください。ご返信がない場合、自動キャンセル扱いとなります。※返信なし・音信不通は自動キャンセル扱いとなりペナルティー扱い(今後、相談はお受けできません)となります。通常キャンセル(自動消化:規定キャンセル料お支払い)扱いをご希望の場合はペナルティーとはなりません。

・相手方が外国人なのですが、離婚相談は可能ですか?
基本的に外国人の方(ご本人・相手方共に)通訳の方を同席して頂きます。通訳の方はお客様側にてご準備下さい。どうしても見つからない場合は当センターにて探しますがお約束できるものではありません。
(相談予定日の10日前までに見つからない場合は取り消し・中断となります。※個人情報保護や面会交流援助等でのお申込時には同意書等の確認・サインが必要だからです。)