• 日本家庭相談士会認定
  • お申込み・相談までの流れ
  • 新規相談予約フォーム
  • 継続相談予約フォーム
  • お問合せフォーム
  • 週刊女性
  • 電話相談・仙台離婚相談
  • 出張相談・面会交流援助
  • 生活保護
  • 離婚カウンセリング
  • 運営者情報
  • 日本家庭相談士会
面会交流援助
面会交流援助
【仙台家庭問題相談センターの面会交流援助とは】
仙台離婚相談と親権者・監護者父母が自分たちの力で面会交流を実施できない場合等、親子のよい関係を育むために行う子供のための支援事業です。父母の希望通りに援助を行うわけではありません。調停条項等を決める前に父母には個別に事前相談を行って援助が出来るかどうか協議させて頂きます。また、一時的な判断(気持ち)で子ども達の親子の絆を断たないで下さい我々の活動は相談だけではなく実際に会うための手助けであり絆を守る活動です。

仙台・東北面会交流援助
【面会交流の意義】
・子どもが親を知ることが子どもが自分を知ることであり、これこそが子の福祉です。
・子はモデルたる親の実像に出逢いながら自我を形成する。
・父母は代替えし切れない固有の役割をもっている。
・同居親も別居親もよい親であることだけを求められていない。欠点を含めて親子が向き合うことが大切です。
・離婚後の両者が夫婦の延長線上での関わりではなく、親としての子を重視した協力的な姿勢が子の成長に繋がる
【面会交流援助の流れ】
はじめに相談予約フォームより予約→ (1)仙台家庭問題相談センター第一事務所もしくは第二事務所にて個別事前相談(同居親と別居親の面接)、各110分 → (2)当事者間での合意成立(当事者間での合意文章、あるいは、調停調書・和解調書、審判書・判決書)→ (3)仙台家庭問題相談センターで内容の最終受理検討→ (4)申込書提出→ (5)援助開始(短期援助・継続援助・付添い援助・受渡し援助・連絡型援助)

※面会交流実施時は第二事務所(〒980-0011 仙台市青葉区上杉1丁目6-10 仙台北辰ビルディングSeed21会議室)にて行います。・第二打合せ事務所使用の場合は30分750円~となります。
・子供の年齢・人数によりお部屋が異なります。※相談室間取り図
面会交流の流れ

【必須実施事項】
面会交流意見交換ノートの実施(別居親と同居親の面会交流に関する意見交換)
面会交流を行うにあたり、同居親は別居親と子どもの状況に関する不安の解消や状況把握、別居親は同居親の面会交流に関する姿勢や面会交流を行う子どもの状況(交流に対しての本音や変化)について情報交換することを目的としたものです。扶助するにあたり必ず行っていただく事項です。その他、同居親と別居親間での面会交流に関する意見や離婚前のことが原因で面会交流に支障をきたす場合は個人面談を行い先に問題を解決します。(通常メニューの離婚相談と同じく両者個別面談を行います。)この様なフォローを組み込みながら面会交流援助を行うので両者・子どもにとっても前向きな面会交流が実現しています。
【相談・依頼した理由】
・お互いの顔を見たくないから ・子の奪い合いや取り合いになってしまったから
・相手方が子を連れ去り子に会えていないから
・調停・裁判等で争ってしまい、面会交流に消極的(同居親が会わせたくない・相手方に会いたくない)になったから
・同居親の代理人が調停で取り決めるといい、調停で話し合いを進めているが時間だけが経過して子に会えていないから
・DV・ストーカー・暴力などの問題行動があったから ・相手方が節度ある面会交流をしてくれないから
・会わせる事は問題ないが、相手方とは接触したくないから ・相手方が養育費に支払いなど条件をつけてくるから
・民間団体・第三者団体に援助を求める意外に子供に会う手段がないから

【その他の理由】
・いかなる方法でも面会を拒否 ・子の連れ去りに対する恐怖 
・今は円滑にいっても、時間が経つにしたがってコントロールや自分達の思い通りにしたいがために、いつ攻撃的な態度で来るかわからないから
・相手方からモラルハラスメントを受けていたが、第三者(権威のある団体や職業)が間に入ることで相手方が節度ある態度を取れるように
・子供が会うのを嫌がって泣いてしまうから ・相手方に攻撃・暴言があり子供が怖がっているから
・相手方が連絡接触を拒否しているため ・相手方が実際にはないDVを主張して面会を拒否しているため
東北面会交流援助
【依頼して良かった理由】
・お互いが感情的にならずに冷静に対応できるから ・第三者が入る事で相手方が面会交流のルールを守るから
・要求がエスカレートするのを合理的に制限してくれるから ・最低限度のコミュニケーションをお互い取れる様になった
・DV・ストーカー暴力等の問題行為が抑制されるから ・大人の問題から切り離して、子ども中心に問題を捉えられるから
・相手方への指導をしてくれた ・久しぶりに子どもに会うことが出来た
【面会交流を続ける事によりよい影響】
・子供の健全な成長発達に必要 ・離婚や別居による人間関係の断絶といった悪影響を避けられる
・夫婦は別れても親子の絆を維持することが望ましい ・子供は本心では親との交流つながりを望んでいる
・子供への虐待を早期に発見できる
・自分の子供が万一にも「親父に捨てられた」という欠落感を持って育ってもらっては困る
【付添い型面会交流を円滑に実施するルール】
・子ども優先の面会日程の調整
同居親から複数候補日を提示してもらい、別居親と援助者側が調整して決めます。約束した日程は病気や行事延期などのやむを得ない事情が発生しない限り誠実に実行することを前提にお願い致します。

・同席者
援助者が同席または待機を要請または許可しない限り、同居親は室外待機とします。

・プレゼント
誕生日やクリスマスのプレゼントは援助者を通して事前に相談して下さい。

・写真撮影
子供が嫌がらない場合には、数枚の撮影は認めています。録音は禁止です。

・外部との通信
携帯電話で子どもに外部との通信通話させることはできません。

・その他の注意事項
基本的に飲食(お弁当は禁止)は禁止ですが、子どもが喉が渇くなどの場合は飲み物のみ許可します。
但し、同居親の持参品のみとなります。

・特記事項
外国人の方の場合は通訳を付けて下さい。不可能な場合は当センターにて通訳出来る方を用意致します。
(※通訳者の料金は別途料金となります。お電話にて事前にご確認下さい。言語によっては不可能な場合あり。)
(※同居親と別居親間にて同室会話が可能な場合はこの限りではありません。)

【援助の中止】 次のことが発生した場合は援助を中止し、以後一切の援助はしません。
1、人や物に対する暴力 2・連去りまたは連去りに思える行為
3・子どもの発言を情報源にした行動(同居親の秘密にしている自宅や保育園当の周辺に立ち現われる事等)
4.その他、注意事項に該当する行為や担当補助員・相談員の指示に従わない場合
【面会交流の動画】
動画【重要:必ず見ることをおススメ致します。】 参照元 裁判所HP
「離婚をめぐる争いから子どもを守るために」 ・面会交流を動画で見る
親権変更
離婚によって別々に暮らす父親と子どもが定期的に会う「面会交流」を認めるのを前提に母親が親権者となったのに、母親の言動が原因で子どもが面会に応じていないとして、福岡家裁が家事審判で親権者変更を求めた父親側の申し立てを認めたことが17日、分かった。「母親を親権者とした前提が崩れている。母親の態度の変化を促し、円滑な面会交流の再開にこぎつけることが子の福祉にかなう」と判断した。4日付。父親側の代理人を務めた清源(きよもと)万里子弁護士(中津市)は「面会交流の意義を重視した画期的な判断」と評価。虐待が判明するなどしなければ、母親が持つ親権が父親に移ることはほぼなく、面会交流を理由に親権者変更を認めたのは全国の家裁でも極めて珍しいという。 発端は関東に住んでいた30代夫婦の離婚調停。双方が長男(現在は小学生)の親権を望んだ。母親は協議中に長男を連れて福岡県へ転居。最終的には、離れて暮らす父親と長男の面会交流を月1回実施するのを前提に、母親を親権者とすることで2011年7月に合意した。もともと父親と長男の関係は良好だったが、面会交流は長男が拒否する態度をみせうまくいかなかった。父親側は「母親が拒絶するよう仕向けている」と12年9月に親権者変更などを福岡家裁に申し立てていた。家裁は家裁内のプレイルームで「試行的面会交流」を2回実施。長男は1回目は父親と2人で遊べたが、2回目は拒否。家裁は、長男が「(マジックミラーで)ママ見てたよ」といった母親の言動を受け、1回目の交流に強い罪悪感を抱き、母親に対する忠誠心を示すために父親に対する拒否感を強めたと推認するのが合理的と指摘。面会を実施できない主な原因は母親にあるとした。その上で、家裁は親権を父親、監護権を母親へ分けるべきだと判断。「双方が長男の養育のために協力すべき枠組みを設定することが有益。子を葛藤状態から解放する必要がある」とも指摘した。
面接交渉
面会交渉
面会交流
面会交流
子の連れ去り
片親疎外症候群(PAS)
相談予約フォーム 料金表 【必ずご確認下さい】
相談日の10日前(第二事務所の場合は8日前まで)までにお振り込み下さい。お振込手数料はお客様ご負担となります。
・ご相談等の時間延長を除くすべての援助料金は事前、お振込をお願い致します。キャンセル料金に関しましてはQ&Aをご参照ください。
※お申込の際は申込書をご記入頂きご捺印頂きますので、ご印鑑を忘れずにお持ち下さい。
個人情報同意書 ・ 面会交流注意事項同意書

【鬱病などの精神疾患の方】
申込者・相手方が躁鬱病等の場合は同居親・別居親が面会交流の意思があっても、当センターの相談員と医師との面談(もしくは面会交流に支障が無いとの医師からの診断書)が必要です。事前に医師にその旨を伝え医院への提出用の同意書、及び同居親・別居親、両者の同意書を作成の上、お申込下さい。

・第二打合せ事務所使用の場合は30分770円~(税別)が別途かかります。


・面会交流実施時はプレイルーム料金がかかります、実施時間により料金は変わります。
事前相談料
50分 5,000円 以後延長 30分 4,000円
お得な「電話相談」をご希望の方はこちら
※生活保護を受けている方は当事務所での面会交流に限り無料(申込金も含め)となります。医療券と顔写真付きの証明書(免許証等)を必ずご持参下さい。
合意文書を作成する前に電話予約の上、当事務所においでください。父母や子供が安心して面会交流できるように援助の内容をご説明致します。父、母または必要な場合には子供にもお会いします。
代理人の同席は差し控えありません。
面会交流援助の申込
申込金 1回 1年 10,000円
年2回以下及び短期援助(4ヶ月以下)の場合は半額、短期援助後に継続申込に移行した場合は残りの半額を追加払い。(初期申込日から起算し1年延長)連絡調整のみの場合は半額。
返金等はございません。※更新料は申込金と同じ。
付添い型
外部付き添い型
時間費用(相談時間同様)+年齢+人数+プレイルーム使用料=援助金額
【時間費用】相談料と同じです。
【年齢】0~10歳8,000円、12~15歳7,000円、15歳=5,000円
【人数】1名なら基本料(時間・人数費用のみ)、2名3,000円、3名6,000円、4名上は総額の10%
【プレイルーム使用料】面会交流室3,326円・別居親待機室2,462円 合計5,788円:2時間使用の場合
【出張扶助】当センターのプレイルーム以外でも扶助も可能です。出張料金はこちら
別居親に子供を会わせることに同居親が不安を抱いている場合、面会交流の場に援助者が付き添い、子供の情操の保護などに配慮します。
基本的に面会者は別居親に限りますが、子どもと同居親が了承の場合は可能。
父母のいずれの自宅も面会場所とはしません。
援助は月2回まで1回の援助は最短100分(同居親入室40分・交流時間30分・別居親面談30分、)初回の交流時間は30分程度、当事務所のプレイルーム、もしくは当センターの指定場所にて行います。
外部付き添い型は付き添い型の基本料(室料を除く)+実施場所までの移動距離と時間により料金が異なります。
受渡し型
1回 5,000円(当センター内)~
当事務所にて受渡し、1~2時間まで5,000円、3~4時間まで10,000円、以降1時間5,000円。(開始10:00~18:00まで受渡し完了は厳守)7時間を超える場合は1時間10,000円。
面会交流の際、別居親に子供を託す事には問題はないが、父母が顔を合わせられない場合に子供の受渡を援助します。面会交流場面には同行しませんが、日時・場所・面会方法の打合せや調整等を行い、面会交流中の緊急連絡に対応致します。援助できるのは原則として月2回です。
事前に交流時間を決めて頂きやむを得ない事情がない限り延長は不可能です。
連絡調整型
2,000円~5,000円+通話時間(相談時間同様)
A 相手方に比較的スムーズに連絡が取れる 2,160円(税込)
B 相手方以外の方に連絡が必要な場合(親類等・代理弁護士)3,240円(税込)
C 相手方と本人が全く連絡がつかない、親類等への電話などで事情説明から必要な場合 5,400円(税込)

※Aの状況、もしくはBの状況で申し込まれ実際はB・Cなどの状況となる場合は該当する料金を追加費用として申し受けます。
※1ケースでの料金です。内容が異なる場合や回数が増える場合(基本メールですが電話でなければならない場合や通話時間、回数等により変動)は内容に応じて金額が変わります。(基本、メール4往復までが上記金額となります。 )
父母が連絡を取り合う事が困難な場合など変わって双方に連絡を取り日時・場所などの調整を行います。
短期援助
1ケース 1回 15,000円~30,000円
裁判所内での試行面会ができない場合等の例外的援助です。
援助期間を問わず1回1時間程度で2回を限度とし、当事務所内及び周辺地域において援助者が付き添って実施します。面会者は別居親に限ります。
※表示金額は税別となります。
・祝日の援助は致しておりません、土日に関しましては3割増となります。日曜日に関しては基本的に当事務所以外(外部施設)での援助となります。

出張相談・面会交流援助