• 日本家庭相談士会認定
  • お申込み・相談までの流れ
  • 新規相談予約フォーム
  • 継続相談予約フォーム
  • お問合せフォーム
  • 週刊女性
  • 電話相談・仙台離婚相談
  • 出張相談・面会交流援助
  • 生活保護
  • 離婚カウンセリング
  • 運営者情報
  • 日本家庭相談士会
仙台離婚相談・子どもの連れ去り ■連れ去り得と言われる背景
親権を得て離婚するためには、先に子どもを確保して相手に離婚を迫り、相手が応じなければ有責性を言い立てて、その間に子どもの監護実績という名の既成事実を作るというのが論理的な帰結です。 多くの母親が子どもを連れて家を出ます。父親は子どもに会わせてほしいと求めますが母親は会わせれば取り戻されると思って子どもと会わせません、子どもとの面会交流を拒否された父親は当然、相手への憎悪を募らせます。その状態で家裁に行けば高葛藤として面会を制約する理由にされます。結局、父子の交流が絶たれる結果となります。
※高葛藤である場合、子どもが別居親との面会を嫌がっていなくても裁判所は基本的に面会交流をさせません。
日本の法律では子を連れ去り一定期間、継続して生活すれば、その環境を変えない方が子にとってプラスと判断され、裁判では親権が認められるケースが多い。(実績重視)更に母子優先の法則も子の連れ去りを助長する傾向がある。
欧米では共同親権制度が一般だが、法の改正が遅れている日本では単独親権制度です。また、離婚後の親子の面会についても欧米では明確に取り決めがあります。【重要】面会交流の実現しない理由

子どもの連れ去り動画動画 平成25年6月1に放送されたtbs・報道特集 「ハーグ条約加盟で子どもは救われるのか」
動画 平成22年11月21日放送 TBS News23 「娘連れ去り」、邦人女性にまもなく判決
動画 平成25年5月31日東海テレビ 深刻化する”子供トラブル”その実態 「子供に会えない
面接交渉
面会交渉
面会交流
面会交流
子の連れ去り
片親疎外症候群(PAS)
面会交流
相談予約フォーム