• 日本家庭相談士会認定
  • お申込み・相談までの流れ
  • 新規相談予約フォーム
  • 継続相談予約フォーム
  • お問合せフォーム
  • 週刊女性
  • 代表相談員ブログ
  • 離婚カウンセリング
  • 電話相談・仙台離婚相談
  • 出張相談・面会交流援助
  • 生活保護
  • 運営者情報
  • 日本家庭相談士会
離婚問題・家族問題の専門家メリット
(1)相手方と低予算で話合い、穏便に解決できる(弁護士費用の様に高額ではなく、時間制の低料金)
(2)同様の方々の相談経験が豊富、これからの選択肢を分かりやすく解説してもらえる
(3)相談者の選択(争った場合や争わなかった場合)など、先の結果を具体的にアドバイスしてくれる
   ※1.具体的対策 2.解決・改善方法 3.将来的に想定される出来事や問題点を先読み出来る

(4)メンタル的苦しみから解放されるためのアドバイスも可能
   ※特に離婚問題、浮気などの場合にどの様にすれば心が楽になり冷静に考えることが出来るかも寄り添いながら傾聴し精神
    的負担の改善と軽減方法を教えます。※心がかなり楽になる方が多いです。

(5) 中立の立場でアドバイスしてくれるので相手方に比較的、警戒しないで話を聞いてもらえる(調停・裁判になりにくい)
(6)調停・裁判などの仕組みや注意点を具体的に知ることが出来る(言ってはいけない等、注意事項を事前に知り、心構える)

(7)調停・裁判になった場合の現実を具体的に知れる。

(8)プライバシーを重視し時間帯別の完全予約制なので安心
(9)子育てや夫婦間の複雑な内容にも丁寧に答え、争うことなく解決へと導きます
(10)不登校児童(登校拒否)を再登校させた実績が豊富
離婚相談
離婚問題は日本家庭相談士会認定の経験豊富な家庭相談士、精神疾患による相談は臨床心理士・カウンセラー・看護師資格をもつ者がご対応させて頂きます。(カウンセラーに関しては警察や裁判所など行政のカウンセリングも行っている者です。)
調停から審判・裁判となりお互い時間と大金をかけて争う前に穏便に解決するための手助けをしています。法律論で互いが争い相手を否定するのではなく、問題の本質(何故、こうなったのか)を中心に今後、円満にするための具体的な方法、または、争った場合(離婚する場合)の具体的な方法や取決め事項、現実的に起こりうる可能性のある事柄、注意点などをご説明致します。無駄な時間、お金をかけずに自分たちの判断で解決することが目的です。
【この様なご依頼はお受けできません。非弁行為に関する注意事項】
※面会交流や相手方との連絡調整での仲介の場合は連絡調整に関し相手方の了承を必ず得ている事。
(相手方が問題に関し前向きな姿勢であるが、相手方との連絡だけ拒否したい状況)この状況ではない場合。
※あくまでも中立の立場であり相談員(家庭相談士)としての関与ですので代理人とは異なります、法律論や相手方を説得する行為、その他、法律事務は行っておりません。また、一方的な説得や法的に相手方を責める行為、弁護は行ないません、鑑定・仲裁・和解を目的にではなく、問題の根本(過去)について解説し、各々が今後を判断するための材料とし、自らが解決する場です。(非弁行為は不可)