• 日本家庭相談士会認定
  • お申込み・相談までの流れ
  • 新規相談予約フォーム
  • 継続相談予約フォーム
  • お問合せフォーム
  • クレジットカード
  • 子連れ可能
  • 週刊女性
  • 代表相談員ブログ
  • 離婚カウンセリング
  • 電話相談・仙台離婚相談
  • 出張相談・面会交流援助
  • 生活保護
  • 運営者情報
  • 日本家庭相談士会
  • 仙台心理カウンセリング
不登校相談不登校を改善する流れ
アメブロの記事で不登校改善する方法が複数紹介されていました。
1.親が話を聞いてあげればすぐに不登校が改善する
2.カイロプラクティックでマッサージすれば不登校が改善する
3.別室登校していればいつかクラスに入れるようになる
4.精神科で薬をもらい投薬を続ければ不登校が改善する
上記、改善するとは思えません。当所で不登校が簡単に改善する理由(方法)は以下にあります。

1.親の性格や教育・養育を再教育する
不登校は子供の問題と捉えている親に不登校は家族の課題と認識させる、●●なんだけど~●●でねぇ~とタメ口で他人ごとのように話したり、ふんぞり返りや足組腕組みをしている親もしっかり教育すれば、背筋を伸ばし本気で取り組む(本気で不登校改善をしようと考える)ようになります。また、子供の言いなり状態を改善し毅然とした対応が出来るように教え込みます。

2.不登校理由を確実に特定する
不登校になる理由は大きく分けて5つあります、1.いじめ 2,成績不振 3.家庭環境(親の喧嘩・親の離婚・親の暴言) 4.対人刺激(HSP) 5.不満からのズル休み。 6.親の性格(クレーマー) 7.虐待行為 8.教員の問題
原因を明確にすることで最短で解決を図れるのです。

3.児童に登校したいという意思に気付かせる
時間が経過すると児童は学校に行きたくないから学校に行けないになっていきます。学校に行けない理由すらわからなくなるくらい放置してしまうケースもあります。このような児童は日々同じことの繰り返しで一日を過ごします。例えば、朝起きて食事を取り、マンガを読んで午後から夕方までスマホ、タブレットテレビゲームをして過ごすという日々です。今日に不安な子は朝体調を崩し、明日に不安な子は夜に体調を崩します。このような症状を読み取りながら、今の気持ちと理想をしっかり認識させ学校に行くべき、行きたいという気持ちに気付かせていくのです。

4.不安と問題、課題を明確にする
(不安障害・睡眠障害になっていないかも確認) 児童はどこに不安があるのかを明確にします、1.学校 2.学校の雰囲気 3.学校の他生徒 4.学校の先生 5.学校の規則 6.教室というようにどの領域、どのような状況に反応するのか確認してください。(場面寡黙や見えない不安で不安障害になっている場合はカウンセリング技法が変わります。)

5.児童に自分の人格や性格を把握させる
人の性格と人格に基礎について変えて下さい、その後、自分の性格と人格を分かりやすく説明し、不登校とのつながりも説明していきます。 児童が無意識で行きたくないと感じていたことに気付かせるのも必要ですし、行きたくない理由は自分の性格にもあることにも気づかせてください。
※不登校児童の多くは否定的な捉え方をする傾向があるので自己肯定感を上げるようにカウンセリングしてください。

6.コミュニケーションの基礎を教える
自閉から親交までの過程を理解させ、コミュニケーションレベルを上げる方法を教えます。友人の増やし方や、対人関係が苦手な場合の距離の置き方なども同時に変えて下さい。

7.不安と自信は表裏一体であることに気付かせる
不安は挑戦しようとしている証、今の不安は悲観的な傾向が生んでいる単なる感情で実態は存在しないことに気付かせてください。例え話をして分かりやすく説明し、努力と疲弊に共感してあげて下さい。

8.規則正しい生活や依存傾向(ゲーム等)の自己管理をさせる
自己管理が出来てい会ない場合は親が放置または過剰な管理が原因です。子を信じ、約束(決意)を持たせるのです。また、時間の概念やスケジュール管理も自分で出来るように教育してください。

9.親子の会話や心情の共有を図る
不登校家庭の多くがコミュニケーション不足です、コミュニケーションを知らない親は子供とテレビを見て笑い合うことがコミュニケーションだと思い込んでいる場合が多いです、また、●●をしたから凄い、●●をしてくれてありがとうという条件付きでのコミュニケーションしかしていない場合が多いので、親から子への会話を無条件の愛情になるように、声掛けの仕方を変えて下さい。

10.自己の存在と意義、目的と目標を掲げさせる
児童の生後から現在までの話や成長について共に振り返りましょう、自分の存在は親の喜びで、不登校は一つの経験であると認識させ、これから将来の目標や理想を掲げさせてください。
上記の10の工程を行うことで不登校は改善します。

年間約130名の不登校を改善していますが、1~2年に1組が不登校改善を投げ出すケースがあります。このようなケースでは親の性格に問題がある場合があります。投げ出しを行った0.1%を除いては100%再登校させています。

【お子さんが来所に抵抗がある場合】
相談センターへ行くことに抵抗があるお子様の場合は出張相談にてご自宅でお話をお伺いすることも可能です。仙台市以外、宮城県内、以外、秋田県・青森県・岩手県・山形県・福島県など東北6県をベースに全国へ出向きます。
不登校 学校とスクールカウンセラーの実状親の問題行動 不登校改善の流れ いじめ対策苦手意識 青年期 子育て不登校 料金表
相談料 1ケース 1回 50分 6,600円(税込) 以後延長 30分 4,400円(税込)
出張カウンセリングの出張費用は当事務から往復1時間以内8,800円以降30分3,300円+交通費及び駐車場等が必要な場合は別途。
お得な「電話相談」をご希望の方はこちら
※お支払いは当日、現金・クレジットカード決済もしくは相談日から起算し7日前までに銀行振込みとなります。お振込み手数料はお客様ご負担となります。
※相談料は初回相談時に一括払いとなります、領収証が必要な方は申込時(事前)にお申し出ください。
キャンセル料金に関しましてはQ&Aをご参照ください。
相談予約フォーム
出張相談・面会交流援助