• 日本家庭相談士会認定
  • お申込み・相談までの流れ
  • 新規相談予約フォーム
  • 継続相談予約フォーム
  • お問合せフォーム
  • クレジットカード
  • 子連れ可能
  • 週刊女性
  • 代表相談員ブログ
  • 離婚カウンセリング
  • 電話相談・仙台離婚相談
  • 出張相談・面会交流援助
  • 生活保護
  • 運営者情報
  • 日本家庭相談士会
  • 仙台心理カウンセリング
不登校相談学校側の問題とスクールカウンセラーの現状
1.不登校改善の仕方が分からない
不登校改善ができる(熟知した)スクールカウンセラーは日本全国見ても非常に少ない。児童心理も基本的心理学も教科書で学んだ程度で現場での経験が非常に浅いスクールカウンセラーが多いです。 また、不登校児童に”がんばったね” ”偉いね” ”無理しないでね”という当たり前の言葉が主で原因の根本を解決できる知識と経験がないため、同調するしかないのが実情です。同調すると児童は、そのネガティブな思考を更に強化させてしまうのです。 児童の自己肯定感を下げないように共感してあげたり褒めて下さいというスクールカウンセラーは、このような児童心理の知識が乏しいのです。 その他、スクールカウンセラーは親の児童虐待をいち早く見つけるために配置された人材というだけで児童の性格や人格、問題を改善するために配置されているわけではないのです。これを知らない人は”スクールカウンセラーに相談してみたら?”と言ってしまい、不登校改善が大幅に遅れてしまうケースが非常に多いのです。最悪のケースでは、スクールカウンセラーに親子でカウンセリングを受け1年半も経過させてしまい高校に入学できなかった児童もいます。

2.教員の間違った対応
不登校に慣れている教員は非常に少ないです、治し方も解決の仕方も分からないのが今の現状です。 不登校理由を聞いて、学校に出来ることがあれば言って下さいというだけの教員や、家庭訪問もしない教員、電話での生活状況の確認もしない教員は当たり前に存在します。 また、行動としてやってはいけないのは、”よく来たね~” ”頑張ったね~” ”待ってたよ~” と、特別扱いして褒めたたえることは絶対にしてはいけません、特に他の生徒の前ではやってはいけないのです。 不登校を知らない教員は、褒めれば自己肯定感が上がり喜ぶという単純な理由でこのような事をします、児童は、ただ学校に行くことだけで褒められ続けると学校に行くだけで教室には入れないようになってしまうのです。

その他、よくある教員の間違いは児童のネガティブ思考を強化するというものです、”苦しかったね~” ”悲しかったね~”という同調は絶対にしてはいけません、この同調を繰り返すと、”そうだ私は苦しんでいるんだ”と考えるようになり、特に苦しむような出来事が無くても、理由なく苦しいと感じるようになり、登校前に体調を崩すようになるのです。 ですので、教員が無知で不登校を悪化させているというのは非常に多いのです。
※児童は自分の気持ちに同調され、その教員を信じるように依存傾向を見せますが、段々とネガティブ感情の同調であることに気付きます。気付いた頃には自分でも何故、気持ちが落ちるのかも分からないくらい病的になるのです。

仙台市I中学校・K中学校
仕切られた別室に行かせ、その後、帰宅OKというタッチ登校をさせるるだけ、スクールカウンセラーが児童と母親の同調カウンセリングを行い負の連鎖に繋げている状態

仙台市K中学校
別室に登校させタッチ登校したらすぐに帰宅してもよい、上述I中学校同様にスクールカウンセラーが同調のみを行う 共通するのは、同調だけのカウンセリングを行い、状態を更に悪化させ時間を無駄に経過させ、数か月不登校になると、保護者にフリースクールをすすめ見切りをつける点です。

【お子さんが来所に抵抗がある場合】
相談センターへ行くことに抵抗があるお子様の場合は出張相談にてご自宅でお話をお伺いすることも可能です。仙台市以外、宮城県内、以外、秋田県・青森県・岩手県・山形県・福島県など東北6県をベースに全国へ出向きます。
不登校 学校とスクールカウンセラーの実状親の問題行動 不登校改善の流れ いじめ対策苦手意識 青年期 子育て不登校 料金表
相談料 1ケース 1回 50分 6,600円(税込) 以後延長 30分 4,400円(税込)
出張カウンセリングの出張費用は当事務から往復1時間以内8,800円以降30分3,300円+交通費及び駐車場等が必要な場合は別途。
お得な「電話相談」をご希望の方はこちら
※お支払いは当日、現金・クレジットカード決済もしくは相談日から起算し7日前までに銀行振込みとなります。お振込み手数料はお客様ご負担となります。
※相談料は初回相談時に一括払いとなります、領収証が必要な方は申込時(事前)にお申し出ください。
キャンセル料金に関しましてはQ&Aをご参照ください。
相談予約フォーム
出張相談・面会交流援助