• 日本家庭相談士会認定
  • お申込み・相談までの流れ
  • 新規相談予約フォーム
  • 継続相談予約フォーム
  • お問合せフォーム
  • クレジットカード
  • 子連れ可能
  • 週刊女性
  • 離婚相談ブログ
  • 夫婦相談ブログ
  • 不登校相談ブログ
  • 離婚カウンセリング
  • 電話相談・仙台離婚相談
  • 出張相談・面会交流援助
  • 生活保護
  • 運営者情報
  • 日本家庭相談士会
  • 仙台心理カウンセリング
夫婦カウンセリング

【夫婦問題のよくある出来事】

1.家事育児は妻の仕事という暗黙のルールがある
2.短気で自分の価値基準で物事判断する
3.分かってくれないと感じ感情的になる
4.ありがとう等の言葉を言わない
5.労いの言葉や心配をしない
6.子どもの内容で喧嘩することが多い
7.子どもの前で相手方配偶者の愚痴を言う
8.子どもの前で夫婦喧嘩を繰り返している
9.基本的に話を聞いていない(聞こうとしない)
10.話がかみ合わない

【夫婦問題は大きく分けて二つある】
1.性格(性格の不一致)
性格が問題の場合は、その性格になった過去の出来事や生い立ちを振り返り原因をみつけ、再度認知し直し修正していかなければ確実には直りません。また、一時的に変化が表れても基本的思考や言動は無意識下で起きるため、自身もコントロールするのが難しく、口論になり時間が経過して後悔することが多いです。

2.子どもの事や家事のこと
子どものことや家事など夫婦共有の課題をどうこなし解決するかというのが本質的課題となります。一定のルールや仕組みを設け、共通の認識を持ちながら優先順位を決めていけば基本的には解決する問題です。

【カタチを変えて喧嘩を繰り返す】
根本的な解決をしていない夫婦の多くは、何度も喧嘩と和解を繰り返しているうちに気付けば、”信頼” ”信用” ”尊敬” が仲直りのたびに希薄化していくのです。また、互いに自分が正しい、相手に合わせてやったという認識で和解しているケースでは2年持たずに離婚問題へと発展します。
これまで些細な喧嘩を繰り返し、その度に互いが「ここは悪かった」「こうしてほしい」という出来事に対しての和解しかしておらず、”どうしてそのような言動となったのか” ”過去のどのような出来事が原因か” という根本的な解決をしていないことから何度もカタチを変えて意見の相違や喧嘩が繰り返されてきましたという方が非常に多いです。根本的解決を試みず上澄み(きっかけ)の和解の先には、もうこの人とは居たくないと存在を否定し、共に歩む気力と希望が段々と失われて行きます。
しかし、先述の通り、根本的な解決をしていないため、家事のこと、育児のこと、外出先での些細な事、など何度も喧嘩を繰り返しては日常に流されたり、子どものことを考えて離婚を踏みとどまります。

【夫婦相談のタイミング】
1.口論になり、即日冷静に話し合いが出来なかった
2.相手の姿を見るとイライラする
3.口を利いていない
4.話をしないようにしている
5.子どもの前でも感情を抑えきれない

上記の場合は、早急に相談が必要です。更に深刻な場合は、掴み合いなど暴力的な関係性になっている場合です。

【夫婦仲は改善できるのか?】
双方が望めば確実に夫婦仲は改善することができます。話し方や伝え方を変えるだけの努力では改善しません。
まず必要なのは互いが自身の性格の歪みと現実的問題とを切り分けて思考(課題化)することが必要です。
当所の夫婦カウンセリングは修復率100%です、それは全てプログラム化され多段階的に夫婦間の修正と新たな夫婦関係を構築していく仕組みがあり成せています。

※※家庭崩壊レベル表※※
【レベル1:数時間で気持ちが戻る程度】
相手の言葉が少し(傷つき)嫌な感じがした
些細な出来事だが相手の言動に違和感を感じた

【レベル2:半日嫌な気分が続く】
話をしているのに返事がない
話していても別のことをしている
おはようなど日常的会話を交わさない
子どもの行事などが報告だけになっている

【レベル3:一日嫌な気分が続く】
家事や育児が妻任せ
困っていても助けようとしない
相談しても軽い意見しかしてこない
言葉が感情的になってしまう

【レベル4:嫌な気分が一日複数回起きる】
配偶者の言動に無意識に視線が行く
配偶者に対し否定的な思考が湧く
配偶者の言動に厳しく指摘してしまう
子どもの前でも嫌悪感が表情に出てしまう

【レベル5:嫌悪感が3日以上続く】
口論となることが多くなった、または日常化している
子どもの前でも配偶者の愚痴を言ってしまう
子どもの前でも口論となることがある
夫が大声で怒鳴ったり、妻がヒステリーを起こしている
親兄弟、または友人等に配偶者の愚痴を話している
暴力行為などに発展することがある

【レベル6:回避行動を取っている】
出来るだけ会話をしないようにしている
帰宅するのが嫌なので寄り道をしたり自宅駐車場で時間をつぶしている
配偶者との会話が否定や指摘から始まっている
生活費を別けている
寝室を別け始めた
名前を呼ばず、ねぇ、ちょっとと語りかける

【レベル7:身体的に拒否反応が出ている】
配偶者を意識すると蕁麻疹、抜け毛、脱毛症、嘔吐、下痢、腹痛、頭痛、生理不順などが起きている
配偶者の存在を感じると恐怖心を感じる
別居または調停・裁判を考え始めインターネットで離婚について検索している

【レベル8:別居生活が続いている】
別居して数か月が経過している
両家両親が離婚を勧めている
相手方両親が自分のことを悪人かのような扱いをしてくる
配偶者と直接連絡が取れない
配偶者に着信拒否され連絡が取れない
代理人弁護士から連絡が入っている
子どもに会わせてもらえない

【レベル9:紛争の状態】
相手方弁護士から調停申立ての連絡が入った
現在、調停または裁判中
子どもに会わせたくない、配偶者と直接会いたくないと感じる

【レベル10:敵意・憎悪の状態】
配偶者(元)に対して敵意や憎悪しか感じない
苦しめてやりたいと感じる
このようになったのは相手方のせいだと考えている
子どもが被害者で相手方が加害者と考えている
殺したいほど憎くて仕方がない

夫婦問題 夫婦不調和について 教育・養育の考え方の違い セックスレス 浮気・不貞問題 夫婦修復プログラム 家族問題 親族間問題 引きこもり・働かない・転職を繰り返す 親子問題 兄弟姉妹問題 ギャンブル依存症 同性愛・トランスジェンダー・LGBT料金表
通常相談料 50分 10,000円 以後延長 30分 6,000
各相談パック

1)相談パック(110分×3=合計330分 66,000円
(1)最優先予約者(2)電話相談切り替え (3)10分単位の電話相談(4)1年間の長期有効権

相談予約フォーム
出張相談・面会交流援助